医学部ネタ

医学部生は運転免許を学部1年生の内にとりなさい

今回は「医学部生は運転免許を学部1年生の内にとりなさい」という内容で記事を書いていきます。

まず、運転免許は確実にとろう

運転免許は取りましょう。

「将来自動運転導入されるから免許はいらないでしょ」なんて言葉に騙されてはいけません。

運転免許証はすごいのです。

なぜなら、「パスポート」「マイナンバーカード」と同等の価値を持つ、「顔写真つきの身分証明書」になるからです。

運転免許証は「ただの運転するために必要な免許」ではなく「身分証明書」として大きな意味を持ちます。そのため、運転免許は確実にとりましょう。

運転免許は一年生の内にとろう

一年生のうちに!!!

次に言いたいことは「運転免許は1年生の内にとろう」ということです。

運転免許を医学部の2年生以降にとろうとするとかなり大変です。

勉強や実習で忙しい時に、運転の勉強なんてちんたらしてられません。勉強・実習と運転免許、「二兎追う者は一兎も得ず」となりかねません。

免許は一気にとることをお勧めします。(一気にとるには、1年生の内に取得することをお勧めします。

医学部進級していく中での感想

「大学生活」忙しいです。実習に部活、勉強とやることがたくさんあります。学年が上がるごとに「やらなければいけないタスク」「将来を考えてやりたいタスク」が増えていきます。

運転免許を取る時間は正直、確保するのは、とても難しいでしょう。なるべく早めに、時間ができたら免許は取りましょう。

運転免許を取る時期・時間のおすすめ

実際に運転免許を取るときになったら、教習所で、運転することになります。

  • 雪国に住む予定の人は、冬の雪が降っている時期に自動車学校に行きましょう。
  • 全員、夜にも運転の練習をするために、夜にも自動車学校に行きましょう。

これらの条件を満たすように、自動車学校に通いましょう。自動車学校卒業後に、

  • 初めて雪道を運転
  • 初めて夜道を運転

は怖すぎます。自動車学校で練習しておきましょう。

話を戻しますと、このように、「特定の時間・特定の時期」に目的意識を持って自動車学校に通う事は大切です。

目的意識を持って適切な時期時間に自動車学校に通えるように、早めに(1年生の内に)、自動車学校に通うようにしましょう。(合宿免許などでもよいと思いますが)

医学部生の運転

医学部生の中には、学部生の内からバンバン運転する人もいます。ただ、医学部生は安全運転重視の人が多いと思います。

なぜなら、「運転で刑事罰を追ってはいけないから。」です。

医者になるときに、刑事罰もちだと、「医師になれない可能性が出てくる」のです。

医学部内のネタとして、

  • 車は法定速度の29キロオーバーならok(違反金しか払わなくてよい。罰金でない。刑事罰ではない。)
  • 法定速度の30キロ以上オーバーは、刑事罰を受けなければならない。(罰金を払わなきゃいけない)これは「医師になれない可能性が出てくる」から、アウト

というネタもあります。

皆刑事罰は絶対に避けなきゃいけません。(刑事罰以外でも違反はしてはいけませんが)

そのため、医学部生の運転は安全めと言えます。

以上、「医学部生は運転免許を学部1年生の内にとりなさい」でした!